九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 知財の裁判
ブログ

知財の裁判

2014/08/26

本日は、侵害訴訟 で裁判所でした。

限られた内容の裁判は、弁理士でも代理人になれるのですが、
今回の裁判は、代理人になれる範囲と、なれない範囲のものがごちゃ混ぜです。
どういう取り扱いになるのでしょう。。。。

もうちょこっと、代理人になれる範囲を広げてくれると嬉しいです。
ただ、そのために、またまた研修&試験であれば、
現状のままで充分かもしれません。