九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 特許査定
ブログ

特許査定

2008/01/22

本日は嬉しい特許査定が届きました。
日本弁理士会の給付制度を利用した案件でした。
(日本弁理士会がお金を出して出願をした案件ということです)
進捗を本会に報告しないといけないですし、
いつになく嬉しい結果が届いたというわけです。
クライアントは勢力的にビジネス展開をなされている御様子でしたり、
この案件がどのようになっていくかが楽しみです。
「優れた発明を埋もれさせない」といったことが、
給付制度の目的だった気がしますので(←うる覚えですが。。。)、
本会の判断が審査官の判断と一致したってことでしょう。
いやぁ、良かった。
知名度はまだまだ低いようですが、
私は給付制度は利用価値はすっごいあるかと思います!!