九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 外国事務所との連携
ブログ

外国事務所との連携

2008/02/01

最近は、海外案件のご依頼が非常に多いです。
特許ハイウェイ制度の影響もあるのかもしれませんが、
直接出願だけではなく、PCTやマドプロについても。。。
そうなってくると、
現地代理人(海外の特許事務所、法律事務所)との連携が大事になってきます。
互いに信頼しきっている事務所との付き合いは大事です。
とは言え、できることなら、
頻繁に顔を合わせることができればベストです。
実は、本日は、提携している事務所からの来客です。
昨年は2回お逢いすることができました。
日本で1回。ソウルで1回。
今回はスケジュールが上手くかみ合ったので、
食事を御一緒させていただけることに。
いろいろと情報交換ができそうです。
楽しみです!!
そうそう、毎度のことながら、海外からのお客様のときには、
贈り物が迷ってしまいます。
重たいものですと、荷物になりますし、
ワンパターンだと、何だか芸が無いし。。。。
今回はどうしよう・・・。
(結局決めきれずに、スタッフにお任せしちゃいました)