九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 相続手続
ブログ

相続手続

2008/05/21

特許権や商標権といった知的財産権についても、
その他の財産権と同様に、移転することが可能です。
また、権利者の方がお亡くなりになられた際には、
相続することになります。
と言っても、実務的には、
通常の名義変更で済ませてしまうことも多いのですが、、、、
本日は、相続による権利の移転手続きを行ないました。
遺産分割協議書などの書類の提出を求められることとなり、
書類を取り揃えるのが、少しばかり手間どってしまいましたが、
何とか手続きを完了することができました。
相続と言えば、、、
先日の発明相談の際には、
とある飲食店の経営者の方が相談に来られて、
先々代が権利者となっている権利についてのご質問を頂戴しました。
「お忙しいかと思いますが、できれば移転手続きを・・・」
との説明を発明相談の最後に行いましたが、どうなったことやら。。。
ふと思ったのですが、
非常に貴重な権利の場合には、
相続でももめることとなって、
遺産分割協議書の作成も難しいのかもしれません。