九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 権利の移転
ブログ

権利の移転

2008/06/11

特許や商標といった権利は移転することが可能です。
ただ、移転に伴って、様々なトラブルが生じることも・・・。
商標権の移転がらみで裁判沙汰になったケースがありました。
当事者は私も1度だけ食べに行ったことのあるレストランなのですが、
すごく美味しく、楽しい時間を過ごすことができたお店でした。
で、その係争案件について、「本日和解したよ」と弁護士さんから連絡が。
本件については、
「再移転?」、「移転抹消?」、「和解条項のフレーズは?」
と、通常の実務ではあまり生じない様な疑問点が多々あって、
何かと勉強になりました。
発明協会さん、特許庁さんにもいろいろと教えて頂きました。
もうちょっとだけ処理が残っていますが、
ひと段落ついたところで、そのレストランにもう一度食べに行こうかと思います。
実は、前回は弁護士さんと合同での会合で行ったのですが、
大御所(?)のお向かい席でしたので、なかなか食べれなくて・・・。
次回は下っ端だけで行って、思いっきり食べよう!!