九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 審決取消訴訟
ブログ

審決取消訴訟

2008/10/03

審判の結果(審決)に不服があるときには、
審決取消訴訟という手続に進みます。
で、この審決取消訴訟については、私は弁護士さんと組んで行っています。
弁理士だけでの対応でも良いのでしょうけれど、
より充分に対応できるように、弁護士さんとの共同作業を行うことが多いです。
で、最近では、審判案件、係争案件が急に増えてきましたので、
もう一度、弁護士さんとのルール作りを本日行いました。
時間的なこと、内容的なこと、金銭的なこと。
細かなことまで決めておくことで、しっかりとしたサービスが提供できるはずです。
まぁ、ぶっちゃけた金銭的なことまで話しができるのは、
単発のつきあいではなく、長期的なつきあいだからかもしれません。
けれど、これまた大事なことです。
審判案件といえば、一昨日、中途受任案件の審判請求を行いました。
週明けには、別件の審判案件の理由補充を行う予定にしております。
これらの案件が審決取消まで進むか否かは分かりませんし、
審決取消まで進まなくても良い結果が得られるように頑張るのは勿論ですが、
審決取消に関して、事務的事項の事前準備がしっかりできたことは、
かなりの収穫だったと思います!!