九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 中国の商標実務
ブログ

中国の商標実務

2008/10/30

現在、とある企業の中国におけるブランド戦略の一環として、
登録商標のサーチを現地代理人と協力して進めています。
が、、、類似しているかどうかの基準がかなり違って、
日本では充分に違いが主張できるようなケースであっても、
登録は難しいし、権利侵害の恐れがあるよ
と、中国の代理人さんから判断されてしまいます。
まぁ、そういったご意見をいただけるのは、非常にありがたいのですが、
実務運用が国によって大きく異なることを痛感させられます。
また、現地代理人さんとのやりとりの中では、
そんな主張が通るのかなぁ?
といったコメントが届くこともあります。
この辺の感覚が、私にはまだまだ足りないようです。
日本の実務の感覚から頭を切り替えるのがなかなか難しく、
私の今後の課題の1つです。
無関係ですが、、、現在イタリアがマイブームです。
イタリアでの権利化の案件がこないかなぁ~。