九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 特許調査
ブログ

特許調査

2009/01/09

本日、特許調査レポートを依頼者に報告いたしました。
お急ぎのご様子だったので、FAX送信を行ったのですが、
FAX送信後に直ぐにクライアントよりお電話を頂戴しました。
先生、これ(レポートで報告した引例)知ってます
とのこと。
どういうことかと聞いてみると、
レポートで報告した案件の製品(実施品)を購入して持っているとのこと。
製品(実施品)では、完成度がイマイチだったということで、
発明を完成するに至ったのだと思います。
が、製品では実現できていなかったことも、出願書類には記載がなされていて。。。
でも、不思議です。
出願書類に記載しているんだったら、製品に反映すれば良いのに。。。
そしたら、きっともっと売れるでしょうに、、、
10年以上、特許調査を行っていますが、
報告したレポートの実施品を依頼者が所有されていたケースは初めてでした。
いろんなことがあるものです。