九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 早期審査
ブログ

早期審査

2009/01/21

昨日、とある特許出願の拒絶理由通知が届きました。
で、その案件なのですが、昨年の12月16日に出願を行った案件です。
早期審査の手続を採ってはいるものの、
起案日が1月16日 
発送日が1月20日 でした。
そうです。
出願から1ヶ月ちょいでオフィスアクションが届いた
というわけです。
これって、商標の早期審査案件よりも早いかもしれません。
しかも、正月休みがあったにも関わらずのハイスピードです。
すご~い。
まぁ、特許査定ではなくて、拒絶理由通知なので、
中間処理を行う必要があるのですが、
狙っていた範囲のクレームは拒絶の対象となっていないので、
補正なり、分割なりでサクサク対応できそうです。
このペースでいけば、出願から設定登録まで3ヶ月ってのも夢じゃないかもしれません。
毎日のように明細書を書いていると、
拒絶理由通知書が手元に届いた時点では、
明細書の細かな点はどうしても忘れてしまいますので、
拒絶が届いた時に、明細書を充分に読み直す必要があります。
でも、1ヶ月程度ですと忘れることもないですし、
効率的に仕事を進めることができそうです。
こんな感じのハイスピード事案が続くと、効率的で良いです。
あ、
でも、、、
1ヶ月後にクライアントに拒絶の報告をするってのは、
ちょっと申し訳ないかも。。。