九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 18時からが勝負!?
ブログ

18時からが勝負!?

2007/08/21

いつものことなのですが、18時頃までは、
ゆっくりと書類を作成する時間を作ることができません。
クライアントやスタッフと打ち合わせをしたり、電話対応をしたり、
発明相談等の弁理士会の活動をしたりと、いろいろです。
昨日も、いつもの様に時間が過ぎて、あっという間に18時でした。
が、、、昨日は何故かその後もあっという間でした。
18時過ぎに、とある弁護士先生から、
警告書のドラフトがメールで届きました。
内容を確認して、私なりの意見を添えてメールを返信したのが数十分後。
仕事の早い彼女は、ぱっぱと修正案をメールで送ってくれました。
この時点で20時頃でした。
で、それから間もなく、行政書士の先生から意匠の案件がメールで届きました。
この案件は、30分程度で処理することができましたので、
ちゃっちゃ~と頑張って、20時半過ぎだったかと思います。
それから1時間位して、また別の弁護士の先生から商標の件でメールが。
指定商品やら過去の登録例やらを確認して、21時過ぎです。
夕食をとって、事務所に戻ったら22時過ぎだったのですが、
タイミング良く(悪く?)、米国弁理士からのFAXが。。。
確認して、ちょっと気になる点の確認作業をやっていると、
あっという間に23時でした。
そんなこんなで、18時からほとんど進んでいませんでした。
結局は夜中の2時頃までかかったのですが、
終わってみると、いろんな作業を行なうことができました。
これでちょっとだけ今週は余裕がありそうです。
にしても、昨日はいろんな人といろんな仕事を一緒にやった気がします。
不思議なことに、メールやFAXのみのやり取りでしたので、
顔を見てないどころか、話しさえもしていないのですが。。。