九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 商標の早期審査
ブログ

商標の早期審査

2009/04/20

少し前のことですが、商標の早期審査の対象が拡大されて、
使用している商品のみを指定している出願
についても早期審査の対象とされることとなりました。
指定商品や指定役務が限定されることとなっちゃいますし、
緊急を要する出願であることの条件もそれほど高いハードルではありませんので、
活用することはないと考えていたのですが、、、、
詳細についての記載は避けますが、
将来的にも限られた商品でしか使用しないことが明らかな案件
について受任し、本日付けで出願を行いました。
既に使用もしていますし、こういった案件は早期審査をした方が。。。
と言うことで、県外の案件でしたが、使用事実証明の資料を手配してもらって、
新しいルールを適用しての早期審査に明日付けで初挑戦です。
最近では、指定商品を多数記載し過ぎると使用証明を求められる実務に変更となり、
以前よりも商品・役務を厳選するようになりましたし、
あまり広範囲に権利を広げることだけがメリットとも言い切れない状況も考えられます。
2月2日にブログで記事にしていながら、
以前として権利範囲重視の実務が続いておりますが、
スピード重視で使用商品のみ
という選択も、これを機に本格的に検討していかなければです。
ちなみに、今回の案件の使用証明の資料は、
魚市場(←厳密には違うかもです)での風景を撮影しているのですが、
一般消費者には見る機会のほとんどない風景なので、かなり新鮮でした。
いろんな意味で審査官も楽しんでいただけるかと思います。