九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 商標権の売買
ブログ

商標権の売買

2009/06/03

商標の権利形成について、いろいろとご質問をいただく中で、
先登録商標が見つかっても、買い取っちゃえば良いんですよね?
という内容が最近多いような気がします。
昨日も、電話でそんな内容のご質問をいただきました。
早い者勝ちのルールで負けないようにするためには、
確かに買い取っちゃえば良いのでしょうけれど、
これって、現実的なのでしょうか・・・。
先ず、買取金額についてですが、
相手の言い値になっちゃって、高騰するケースが多いように思います。
以前に私の依頼者が商標権をお譲りしていましたが、
車2台分程度(?)の金額だったと記憶しています。
それに、既に商標を使用している場合には、
同一類似商標の使用事実を権利者に知られてしまって、やぶ蛇なのでは?
私の交渉能力が足りないだけかもしれませんし、
事案毎に状況は異なるのでしょうけれど、
商標調査を行ってヒットした登録商標の権利者に対して、
まったくコネがないのに、そこそこ低額で商標権が買い取れるような状況にする・・・・。
うわぁ、、、かなりハードルが高そうです。
使用していない商標だったら安いのでは?
とのご意見も頂戴しますが、
他人が使用したがっているということが分かれば、値上がりしちゃいそうですし、
審判対応の方がお得の様な気がします。
とは言え、来るべき時に備えて、
交渉能力は鍛えておかなければです!!