九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 情報提供手続
ブログ

情報提供手続

2009/06/23

審査段階で権利化を阻止するような情報を審査官に提供する情報提供制度があります。
権利化後に権利を消滅させるのはなかなか手間なのに対して、
情報提供はなかなかにお気軽なので、かなりの頻度で利用しています。
で、そのほとんどは匿名で行っているのですが、
匿名で行った場合には、フィードバックを利用することができません。
本日も、2件ほどの情報提供の準備を終えて、
近日中に提出予定ではあるのですが、
匿名での情報提供ですので、案件のモニタリングを行う必要があります。
これって、なにか手立てはないのでしょうか・・・。
私の名前で本人手続する?
提出者を省略した上で代理人名義で提出とかできないのかな?
何にしても、今回はかなりの大作ができました。
意見書レベル? 審判レベル?
けど、これであっさりと無視されたら、辛いなぁ。。。
というか、ここまで作成して、
名前も残さずに、匿名で提出するのは惜しいかも。。。
まぁ、いろんな思いがありますが、
そろそろ結果が出てもおかしくないタイミングなので、
早々に手続しないとです。