九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 拒絶理由通知書
ブログ

拒絶理由通知書

2009/06/24

拒絶理由通知書には、審査官からのいろいろなメッセージが記載されますが、
出願人への要請
が記載されることがあります。
現在、対応中の案件でも、
出願人への要請として、
引用文献1は、本願と出願人又は発明者が共通する公知文献です。このような文献は、出願人による適切な請求項の作成に役立つとともに、迅速かつ的確な審査にも資するものと考えられます。出願・審査請求の際には、このような文献を出願人が知っている先行技術文献として明細書中に開示するとともに、特許を受けようとする発明が、このような文献に基づき特許性を有するものであるか否かについて適切に評価を行っていただくようお願いします。
といった具合のメッセージを頂戴しました。
まぁ、誠にその通りですし、正論過ぎて反論の余地はないのですが、
なかなか複雑な事情もあるわけで・・・
ですが、この種のメッセージを頂戴した際には、
補正無しで特許性を認めてくれる可能性は限りなくゼロ
ということでしょうから、その意味では有り難いメッセージです。