九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 米国特許出願
ブログ

米国特許出願

2009/07/09

本日、出願済みの米国特許案件について、
権利形成業務のご依頼をいただきました。
外国出願の場合には、
日本の弁理士が代理人になっているわけではありませんので、
こういったケースを中途受任と呼ぶのかどうか分かりませんが、
本人出願を行っている状態から、中途受任を行うケースは良くありますが、
弁理士が関与している案件を途中参加するのは、かなりレアです。
で、前の弁理士と提携している事務所の米国代理人が出願代理人となっているわけですが、
当然ですが、私は全く知らない方です。。。
こういった場合には、米国代理人も変更しちゃった方が良いのかもですが、
そんなに時間を要せずに権利化できそうですし、
費用を考えると、本件はそこまでする必要はなさそうです。。。。
ということで、近日中に、いつもよりちょっと丁寧な英文レターを作成することになりそうです。