九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 大学案件
ブログ

大学案件

2009/09/02

最近は、少しばかり案件がたてこんでおり、残業が続いております。
で、昨日(というか本日)の夜24時過ぎに、
大学からご依頼をいただいていた外国案件明細書が完成して、
25時頃に納品処理を行った案件がありました。
で、本日の午前中にご連絡が。。
しっかりとチェックをしていただいておりました。ちゃんと細かな点まで。
さすが大学の先生・・・。早い。
10時間あれば充分そうですが、複数の国内案件を合体した分量ですし、
そもそも深夜の納品なので、睡眠時間も必要でしょうし。。。
明細書ドラフトの納品から修正指示までに時間を要すると、
その間に幾つもの案件を処理しているうちに、
細かな点を忘れてしまうこともあります。
そしたら、再度明細書を読み直して記憶をよみがえらせる時間が必要となります。
が、これほどスピーディーですと、さすがに記憶は鮮明なわけで・・・。
このまま一気に出願まで持って行きたいものです。
大学案件と言えば、
大学の研究室に所属している学生さんから、
特許出願をお願いしたいのだけれど・・・
といった問い合わせが最近続いています。
研究成果としての発明は、きっと大学内で取り決めがあるでしょうから、
その旨をお伝えするようにしてはいるのですが、
私が学生の時には、特許権取得なんて考えもしませんでした。
今となっては出願人にはなりにくい状況ですので、
学生の時の研究テーマを出願しておけば良かったかもです。。。