九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 商標の審査
ブログ

商標の審査

2009/10/23

とある飲食店の名前の商標出願を個人名義で行っておりました。
でもって、知れている名前だったこともあって、
特許庁から、
会社が使用して有名になってるから、個人での権利化はNG
といった感じの拒絶理由通知書が。
周知性を認めてくれているのは嬉しいことなんですが、
個人と法人との関係を充分に説明しても個人での権利化を認めてくれそうにありません。
結局、名義変更をして対応することにしましたが、
審査をパスしたらどうせ戻すことになるのは審査官も分かってるんです。
飲食店を利用するお客さんが戸惑わない様に
ってことが理由で拒絶されていることを考えると、、、、
なんとも法律は不思議です。
けど、権利主体になれないような団体が飲食店を始めて、
それでもって有名になっちゃったら、、、、ややこしそうです。
にしても、このお店。
社長さんに押印してもらいに事務所まで来ていただいたのですが、
その時に対応した事務スタッフが、偶然に少し前に食事に行ったとか。
たくさん飲食店があるようですが、思ったより世間は狭いのかもしれません。