九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 審査官との面接
ブログ

審査官との面接

2010/04/30

とある特許案件について、審査官との面接 を行うこととなりました。
が、諸事情によって、
出願人さんのみでの面接をセッティングする必要が生じました。
面接ガイドラインによると、
代理人が代理している場合は、代理人と面接を行います。
代理人が代理していない場合は、出願人又は知財部員等と面接を行います。

となっています。
その旨、審査官からもご指摘いただきました。
そうだったんですね。知りませんでした。
ガイドラインにそう書いてあるからには、従うしかありません。
ただ、代理人がいなければ良いわけで、、、
面接直前に解任してもらって、面接直後に再受任してもらえれば、
問題なし!! かな?
担当審査官には非常に嫌がられそうですが、
クライアントのニーズにはしっかり応えなければなりませんので、
お許しいただければ、、、