九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 特許査定!!
ブログ

特許査定!!

2007/10/05

どうなるかなぁ、、、と気にかけていた案件がありました。
全面的に内容を否定する様な、
門前払いの様な拒絶をもらった案件です。
しかも、拒絶理由の内容がもっともでした。
審査基準に照らしても、専門書の記載に目を通しても、
審査官の言われていることはしっかりと筋が通っており、、、
でも、だからと言って、引き下がれません。 
面接を行って、いろいろと審査官にご指導いただきました。
事務所内でディスカッションを行って、いろいろと方策を考えました。
そんな気になっていた案件だったのですが、
無事に特許査定をいただくことができました。
面接では厳しいことも言われましたが、特許査定をもらった今となっては、
審査官が女神様の様にも思えます。
(ちなみに、女性の審査官でした)
それと同時に、本件でとある審査基準の解釈というか、
考え方が見えてきた部分があります。
法の保護対象に関連することで、なかなか明確な基準が見え難かった部分です。
実務に追われて最近はちょっと御無沙汰になってしまってますが、
次回の同期の勉強会の時のテーマにでもしようかと考えてます。
有益な情報は仲間内で(仲間内だけ?)共有したいですので。
にしても、特許査定は本当に嬉しかったです。
久しぶりに美味しいお酒がいただけそうです。