九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > ロシアからのお手紙
ブログ

ロシアからのお手紙

2010/07/12

とある、ロシア の商標案件の拒絶理由通知が届きました。
日本の商標実務では、ほとんど問題とされないケースです。
ただ、ちょっと前に、同様の問題が別の国でも生じました。
その際には、同じアジア圏だったからか、
日本の常識(?)が何とか通じましたが、
何でこんな事が問題となるんだろう・・・と思っていました。
権利保護の課程でいろいろ考えさせられましたし、
現地代理人にもかなり頑張ってもらいました。
今回は2度目なので、前より驚きは少なかったですが、
前回よりも、ちょっとばかり難敵かもしれません。
当たり前のことですが、
国が変われば、実務内容も全然違ってきます。
頭では分かっているつもりなのですが、
どうしても日本の常識にとらわれてしまいます。
こういった経験を積み重ねて、
だんだんと頭が柔らかくなっていって、
外国実務に強くなるのかもしれません。