九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 急ぎの案件
ブログ

急ぎの案件

2010/12/07

本日、とある新技術についての打ち合わせを行いました。
発明者さんは非常にお忙しいご様子で、
昨日までソウルにいて、明後日からは上海だそうです。
で、そんな合間を縫って、福岡までおいで頂きました。
ありがたい限りです。
本件は、是非とも年内に出願を完了して欲しい
とのご希望でした。
早い者勝ちのルールの下では、出願を急ぐのは勿論ですが、
学会発表だったり、プレゼンだったりと、その他にもいろいろな理由があります。
海外で発表でもするのかな? と思い、
お話しをお聞きすると、、、
年賀状に書きたいから!
とのことでした。
なんとも、日本的なお答えでした。
確かに、そんな季節です。
そう言えば、
お付き合いのある外国の弁理士からクリスマスカードが届いていました。
クリスマスカードに書きたいから!
という理由だったら、超特急だったことでしょう。
にしても、年賀状の投函はいつまでなんでしょうか。。。
そのときまでに、出願を完了させなければです。