九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > ブランディング
ブログ

ブランディング

2011/05/14

現在、顧問先企業さんから宿題をもらっています。
ノベルティ商品 の対応をどうすべきか・・・
このテーマのたびに、
BOSS(過去の裁判例)を見直している気がします。
「ノベルティ商品だからOK」とか、「ノベルティ商品だからNG」とかって、
簡単に割り切れれば良いのですが、
グレーの領域をどう判断するのかが悩みどころです。
ちょっと前に担当させていただいた知財セミナーでは、
商品該当性云々のお話しをさせていただきましたが、
現実問題としては、その判断はなかなか難しい気がします。
宿題提出のタイムリミットまで、
もうちょっと余裕がありますので、
じっくり考えてみようかと思います。