九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 登録査定
ブログ

登録査定

2007/10/31

本日は、特許と商標を合わせて7つの登録査定が届いておりました。
その中に、高校の同級生の商標出願も含まれておりました。
彼(同級生)のビジネス内容を聞いて、商品・サービスを特定して、
商品・サービスの記載が不明確だからといって補正をして、、、
いろいろとありましたが無事に登録査定をいただくことができました。
多方面の保護ということで、
当初考えていた区分数よりも多くなっておりましたし、
無事に登録査定が届いて、ひと安心です。
喜ばしい結果(登録査定)から目を通しましたので、
次ぎは、試練の結果(拒絶理由)について目を通さなければなりません。。。