九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 知財実務 > 特許庁面接
ブログ

特許庁面接

2012/01/12

本日は、東京 です。

化学系のPCT案件で、引用文献との技術的な差違の説明のために、
東京滞在5時間のバタバタコースで、特許庁に来ています。

本件、九州大学の先生にもご協力いただき、
しっかりと、差別化のポイントをまとめていましたが、
それでも、面接は水物だったりします。

そんな不安を抱えながらでしたが、
引用文献とは違うね
とのお言葉もいただきました。

大学の先生の技術説明は、やっぱりさすがです。
無理言って、東京までお付き合いいただいて良かったです。

そんなこんなで、他力本願の様な気もしますが、2012年の最初の面接は上出来でした。
実用化されている技術ですし、良い結果を得ることができれば、
早々に各国での権利化を進めないとです!!