九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 弁理士活動 > 意見書
ブログ

意見書

2008/07/29

本日は発明相談(福岡)の担当日でした。
特許出願の中間手続についてご相談いただいた案件の1つで、
意見書の提出先が審査官では無い方になっておりました。
「意見書は審査官宛に提出してください」と私が伝えると、
ご担当の審査官(拒絶理由通知に記載されている審査官)から、
とある方が指名され、その方宛に書類を提出してらっしゃるとのこと。
実際に審査されているのが他の方であったとしても、
拒絶理由通知書に記載されていない方に提出するなんて、、、
何とも不思議な運用です。
というか、私が無知で、良くあることなのかもしれませんが・・・。
とは言え、担当弁理士の明確化が求められ、
面接時に補助者の発言が厳しく制限されつつある中で、
なんとも不思議な感じでした。
今後の発明相談時の回答には気をつけないといけないかもです。