九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 弁理士活動 > 多義語
ブログ

多義語

2008/08/15

本日は、デジタルカメラの明細書作成です。
所有するデジカメは、4~5年前に販売された機種ですが、
書いている明細書は次世代機種対応です(笑)
さて、デジカメの明細書には、「マトリックス」なる文言が出てきます。
意味はと言えば、「行列」ということです。
何の迷いもなく、デジカメ案件の場合には、
マトリックス=行列
です。
が、ふと昨日の明細書で気になる箇所があって、見直したところ、
金属関係の明細書にも、「マトリックス」なる文言が出てきます。
意味はと言えば、「母体」ということです。
何の迷いもなく、金属案件の場合には、
マトリックス=母体
です。
技術が違えば、意味が違うのは不思議なことではないですが、
特に意識せずに使っていたことが不思議です。
そう考えてみると、
分野ごとにある程度は頭の切り替えができているのかもしれません。
特許調査のキーワード検索等で、
ときどき、全く異なる技術の案件がヒットするのもちょっと分かる気がしました。
本日は、
マトリックス=行列
です。
デジカメモードで頑張ります!!
この明細書が完成したら、
お盆休み返上のご褒美としてデジカメの最新機種でも買おうかな。