九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 弁理士活動 > 工場見学
ブログ

工場見学

2008/08/27

本日は、発明品を見せていただくために、
とある会社へと出張しておりました。
文章でのご説明や図面等は頂戴していたのですが、
当たり前のことですが、やっぱり実物を見ると理解の度合いが全然違います。
実物を見たあとに、資料を読むと、その行間の意味が良く理解できます。
可能であれば、全ての案件について実物を確認したいのですが、
なかなかそういうわけにもいきません。
なにか上手い手立てはないものでしょうか???
本日の工場見学(?)には持参しなかったのですが、
お盆休み返上の自分へのご褒美のカメラの活用も良いかもしれません。
現物を目にすると理解が容易。。。
このことはセミナーにも当てはまる気がしますので、
次回のセミナーでは、何か現物を使って講義をしてみます。ご期待ください!!
あ、好評であれば継続しますが、
不評であれば即中止にしますのでご安心ください。