九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 弁理士活動 > 佐世保セミナー
ブログ

佐世保セミナー

2008/12/17

本日は佐世保セミナーでした。
実例紹介を中心としてお話しをさせていただいたのですが、
特許に関して、ちょっとしたクエスチョンを10問程度用意していましたので、
順番に当てさせていただくことに・・・。
で、そのクエスチョンなのですが、
第1問が一番易しくて、順に難しくなっていく感じで問題を作っておりました。
で、第10問が極端に難しくなってました。
そして、その極端に難しい設問は一般の方に当てるわけにはいきません。
と、都合の良いことに(←失礼しました。)、
本日のセミナーには、
発明協会長崎県支部の事務局長さんと出願アドバイザーさんがご出席されています。
第9問と第10問はこのお二人に当てようと即座に決めました。
事務局長さんとは本日が初対面でしたが、
出願アドバイザーさんはよく知っていますので、
第9問を事務局長さん、第10問を出願アドバイザーさん
といった具合に、
出願アドバイザーさんをアタフタさせよう
と思いながらセミナーを進めていました。
が、欲張って話しをしすぎたのか、設問の後半は時間がギリギリに。
時間配分を考えて、第9問を出願アドバイザーさん、
第10問を事務局長さんにしてしまいました。
う”~ん、残念。やはり、時間配分は重要です。
長崎地区では、本年最後のセミナーだったのですが、
時間配分を失敗してしまったのがやっぱり悔やまれます。
キリよく終わったようにスライドは全部使ったのですが、
実は、もうちょっとお話ししたいことがありました。 
毎回毎回の反省点なのですが、
何度やってもセミナーの時間配分は難しいです。
来週が今年最後のセミナーです。宮古島です。
時間配分に細心の注意を払いながら頑張ろうかと思います。