九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 弁理士活動 > 拒絶査定不服審判
ブログ

拒絶査定不服審判

2009/03/06

本日、拒絶査定不服審判の打ち合わせを行いました。
審査段階は、他の代理人さんがなされていたので、
途中参加の案件です。
クライアントによって気持ちの入れ方が異なることは良くないことなのですが、
私の父が20年くらい前に担当させていただいたクライアントさんということもあって、
どうしても気合いが入ってしまいそうです。
とは言え、審判段階からの参加の場合に、
技術内容の理解や、前代理人とのやり取り資料の確認等々で、
なにかとバタバタとなってしまいますので、
いつも以上に気合いが入る位がちょうど良いのかもしれません。
にしても、年度内の拒絶査定不服審判で助かりました。
4月1日以降だと法改正箇所です・・・
数日前に解説を読んだとは言え、
中途受任案件がしょっぱなだとちょっとつらそうですので。