九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 弁理士活動 > 発明相談(沖縄)
ブログ

発明相談(沖縄)

2009/06/05

本日は、発明相談の担当日でした。
沖縄地区のみならず福岡地区をも含めた最近の傾向として、
複数の弁理士に見解を求めるべく複数回のご相談に来られる方が増えてるように感じます。
様々な考えを入手されることは良いことに違いないのですが、
限られた時間内でのご説明のために、充分に説明ができないというのも現実です。
本日も、
前々回の相談の際には、・・・・といった説明を受けたのに、
前回の相談の際には、・・・・といった説明を受けました。
といったご相談内容がありました。
ご相談者は、前々回と前回の回答内容が異なっており、
どの様に対応して良いかに疑問を持たれていたご様子でした。
が、質問内容のご記憶が曖昧で、加えて、回答内容のご記憶も曖昧であったために、
前回、前々回の補足を行うというよりも、一から説明をさせていただきました。
でも、、、
前回とも、前々回とも違う・・・
と、またまた疑問を増やしてしまった様です。
対応する弁理士によって、すごく大きな違いがあるのではないとは思いますが、
やはり、回答内容に違いが生じてしまうことは不可避ですし、
回答内容の完全統一化は実現不可能だと思います。
一歩踏み込んでの対応が難しい実情ですし、
この辺が、発明相談業務の限界なのかもしれません。
とは言え、相談担当弁理士での意見交換会等が開催できれば、
良い方向に進むのかもしれませんが、、、
(発言力の無い私が言い出しても実現は難しいのですけれど)