九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > 弁理士活動 > 企業訪問型相談事業
ブログ

企業訪問型相談事業

2009/11/13

昨日、新規の依頼者から電話連絡があって、
製品を見て欲しいので、出張相談してもらえないか?
とのことでした。
弊所ではもちろん出張相談も受け付けておりますが、
相談のみで受任に至らなかった場合には、
日当のご負担をお願いしております。
その旨をお話しして、ご納得いただいたのですが、
ふと、企業訪問型相談事業(←正式名は違うかも)のことを思い出しました。
弁理士側から発明協会さんに紹介するのも変な感じですが、
この相談事業では、日当どころか交通費のご負担もありませんので、
相談者のお立場からすれば、メリットだらけ。
唯一のデメリットといえば、申込書を書いたり、アンケートに答えたりってことでしょうか。。。
で、早速企業さんに制度を紹介して、発明協会さんにお願いして、、、、
直ぐに企業訪問型の成約(表現が変?)に至りました。
考えてみたら、今までの新規依頼者の出張相談については、
企業訪問型事業を紹介すれば親切だったかも知れません。
今のところ、長崎と宮崎の出張相談のご依頼を保留中ですが、
福岡県以外だと、私が企業訪問型の担当にならない可能性が高いので、
こちらは日当をご負担いただくしかないかもしれません。。。
ある程度、広域に派遣を認めてもらえればと思いますが、
いろいろと大人の事情があるのでしょう。きっと・・・。
アンケートに答えるのが面倒でなかったら、
企業サイドにとっては、企業訪問型はメリットだらけの気がします。