九州国際特許事務所 > 代表弁理士のブログ > その他 > ダイレクトメール
ブログ

ダイレクトメール

2011/02/14

新しく関連会社を設立したことは、先日記載しておりましたが、
本日、公認会計士 さんから顧問契約の案内が届いていました。
お付き合いのある公認会計士さんは何名かいますが、初めてのお名前でしたので、
良く分かりませんが、新設会社の情報をどこかで入手することができて、
一斉にダイレクトメールを送信されているんだと思います。
今回のケースでは、特許事務所の顧問をお願いしている先生方に、
関連会社の顧問もお願いすることとしましたので、
新たに専門家を探す必要はないのですが、
こういったクライアントの開拓方法もあるんだ!!
といった感じでした。
 
弁理士の場合に当てはめると、新設会社にDMを送って、
貴社の素敵な社名の安定的な継続使用のために商標登録しませんか?
といった感じでしょうか。
私がDMを出すことはないと思いますが、
会社名の商標登録は大切ですし、メリットもあります。
会社名ではありませんが、事務所名は商標登録済みです。
「有吉国際特許事務所」(登録第4885110号)
会社名の商標登録について、ご不明な点があればご相談下さい。