九州国際特許事務所 > 特許出願のメリット
特許出願のメリット

特許出願には、例えば以下のようなメリットがあります。

【1】市場における競争優位

特許権者には、侵害者に対して、差止請求や損害賠償請求が認められています。
特許権を取得することで、特許技術を独占でき、
同業他社を市場から排除することを通じて、製品シェアの拡大が実現します。
また、同業他社の製品を市場から排除することにより、
価格競争に巻き込まれることを回避でき、正当な価格での販売が実現します。
同業他社は、特許侵害を回避するための研究開発を強いられ、
競合する他社製品の市場参入時期を遅らせることができます。
そして、市場参入時期の遅れは、更なる製品シェアの拡大につながります。

また、特許出願中(権利化前)でも、権利化後には特許侵害が成立するために、
同業他社は、特許出願中の技術の実施についても躊躇する傾向があります。
そのため、特許出願中の段階でも、同業他社に対する抑止効果が期待できます。

このように、特許で参入障壁を構築し、同業他社の市場参入の抑止や排除によって、
市場における競争優位が実現します。

【2】特許ライセンス

特許権者は、特許ライセンス契約を結び、ライセンス収入を得ることができます。
特許ライセンス契約の内容や条件は、
ライセンサー(特許権者)とライセンシー(実施権者)が自由に決めることができ、
特許ライセンスには、専用実施権と通常実施権の2種類があります。
専用実施権は、契約範囲内で、ライセンシーが特許技術を独占できる契約形態で、
ライセンサーも契約範囲では、特許技術を実施できなくなります。
通常実施権は、ライセンシーに特許技術の実施を承認するだけの契約形態で、
ライセンサーによる特許技術の実施や、他のライセンシーへの許諾もできます。

また、自社の事業活動が他社の特許権を侵害している可能性がある場合には、
クロスライセンスを締結することで、事業活動の自由度が大きくなります。
クロスライセンスとは、特許権を相互に実施許諾を行うことを意味します。

このように、特許ライセンスの活用によって、
ライセンス料収益の獲得や、安定した企業活動の継続が実現します。

【3】特許表示

特許権を取得できたということは、
その特許技術が唯一無二の技術である、と国が認めたということであり、
「特許取得済」の表示によって、自社製品の信頼性を高めることができます。

このように、特許出願や特許権の存在の表示によって、
優れた技術力を有する企業であることをPRすることができ、
資金調達や人材獲得も含めた企業活動を円滑に進めることができます。

 

九州国際特許事務所 > 取扱業務 > 権利形成業務  

 特許: |特許出願|特許出願のメリット|
 実用: |実用出願実用新案のメリット
 意匠: |意匠出願|
 商標: |商標出願|